用語集た行

TOP > 用語集た行

用語集た行の目次

ディーリングルーム
デフレ
2Wayプライス
ディーラー
担保
チャート
デイトレード
手数料
取引保証金
抵抗線
大統領サイクル
ダイレクトディーリング
高値
多数国間投資保証機関
建値
ダン
短期金融市場
チャーチスト
中央銀行
長期金利
チョイス
調整局面
チョッピー
ツー・ウェイ・プライス
通貨オプション
通貨先物取引
デイ・オーダー
テイク・プロフィット
テイクン
ディスカウント
ディスカウント・レート
ディック
ディップ
テクニカル
手仕舞い
電信売相場
電信買相場
転売
投機
投機筋
独歩高
ドルブル
ドルコスト平均効果
ドルペッグ
トレジャリー
トレンド
WTO
ダブルボトム
ダブルトップ
通貨バスケット制
強材料
強含み
ティック
デフレーション
デフレーター
デフレ・スパイラル
デリバティブ
東京外国為替市場
東京金融先物取引所
当座預金残高
独歩安
トレンド・ライン
建玉
帳入値段
ダウ・ジョーンズ
通貨インデックス
テレレート
手口
電子ブローキングシステム
途転取引
トライアングル
耐久財受注高
対顧客市場
単位労働コスト
通常国会
転換線
電話取引
東京都区部消費者物価指数
ドルペッグ制
地政学的リスク
通貨当局
デッドクロス
タイド・ローン
ドルコスト平均法
ディレクショナル・ムーブメント
特定財源
店頭デリバティブ取引
特定投資家
投資
通貨
投資家
東証マザーズ
ドルショック

ディーリングルームとは、

外国為替取引をするために用意された特別な部屋のことです。

大手の銀行や証券会社などに設置されていて、24時間体制で稼動しています。

「ディーリング」は、「外国為替の取引をする」という意味で用いられています。

デフレとは、

デフレーションの略称で、物価が下がり、お金の価値も下がる経済現象のことです。

同じ金額で、より多くの物が買えるようになります。

2Wayプライスとは、

外国為替市場で取引される為替レートで売値(ビッド)と買値(アスク)が同時に提示されることです。

外国為替市場で、2通貨の交換比率で取引する際に、売りたい人もいれば買いたい人もいるので、 売値・買値を同時に提示することが原則となっています。
ディーラーとは、

インターバンク市場に参加して、直接、取引を行なう人のことです。

外国為替市場におけるディーラーとは、以前は、銀行や、銀行の中でも特に外資系の銀行でプロとして為替取引を行なっている人たちのことを意味していましたが、

新しい外為法が施行されてからは、銀行間の仲介業務を行なっている為替ブローカー、個人向けのFXに携わっている人たちも含めて、ディーラーと呼ばれるようになっています。
担保とは、

借金や融資を受ける際に、返済を保証するための対象のことです。

FX(外国為替証拠金取引)における担保とは、取引を始める際に預ける証拠金のことになります。

チャートとは、

相場の値動きを表わしたグラフのことです。

バーチャート、ローソク足チャート、折れ線足チャートなど、様々な種類があります。

グラフなので、為替の変動を一目で確認することができます。

FX(外国為替証拠金取引)で取引をする際には、チャートの過去の値動きを見て今後の値動きを予測し、売買のタイミングを図ったりします。

チャートはFXを行う上で欠かせないツールといえるでしょう。
デイトレードとは、

通貨や株などの売買を1日(その日のうち)で終わらせてしまう取引方法のことです。

日計り商い(ひばかりあきない)とも呼ばれています。

取引が簡単で、手数料も安いため、主に個人投資家に用いられている取引方法です。

手数料とは、

FX(外国為替証拠金取引)で、取引するためにFX業者に支払うお金のことです。

金額は、それぞれのFX業者によってバラツキがあります。

1回の取り引きにつき、無料〜1,000円くらいがだいたいの目安です。 投資する側にとって、手数料は安ければ安いほどありがたいことになりますが

手数料が無料でもその分スプレッドが高いなどという場合もありますので、スプレッドのことも頭に入れて

それぞれのFX業者を比較検討することが必要です。
取引保証金とは、

FX(外国為替証拠金取引)で、取引をする際に、担保としてFX業者に預けるお金のことです。

すなわち証拠金のことです。

取引保証金の金額が、それぞれのFX業者や、取引する通貨などによっても異なってきます。

目安としては、取引する金額の2%〜5%程度となっています。

抵抗線とは、

過去のチャート分析結果などから、それ以上は、上がらないと想定されている相場の水準のことです。 レジスタンスラインとも呼ばれています。

大統領サイクルとは、

アメリカの大統領選挙の年に株価が上昇する傾向があることを意味した言葉です。

各候補者が、選挙のために、支持率を意識した政策は、為替市場にも影響を及ぼすと考えられています。

一般的に、「ドル高」になると考えられています。
ダイレクトディーリングとは、

インターバンク市場で、銀行同士が直接外国為替取引を行なうことです。

仲介業者(ブローカ)を通さないので、その分の手数料を省くことができ、

一度に大きな金額の取引が可能になります。

高値とは、

FX(外国為替証拠金取引)で、1日または各時間帯の為替レートの中で、最も高い値段のことです。

多数国間投資保証機関とは、

世界銀行グループのひとつ、

発展途上国向けの投資に対する保証や投資促進のためのアドバイスを行っています。

MIG(Multilateral Investment Guarantee Agency)とも呼ばれています。

初代長官は、元野村證券副社長であった寺沢芳男氏です。

建値とは、

FX(外国為替証拠金取引)における、インターバンク市場で、
為替レートを表示すること
です。

原則として、2Wayプライス(買値と売値の同時表示)になっています。

ダンとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、取引が成立したことを 意味する言葉です。

短期金融市場とは、

1年以内の短かい期間で、金融商品の調達・運用などの取引が行われる市場のことです。

インターバンク市場とオープン市場の2つに分けられています。

インターバンク市場の取引参加者は金融機関です。コール市場がインターバンク市場にあたります。

オープン市場では、金融機関のほかに、一般企業なども参加しています。

チャーチストとは、

チャート分析などのテクニカル分析を中心に相場の動きを見るトレーダーのことです。

テクニカルアナリストとも呼ばれています。チャート+人=チャーチスト
中央銀行とは、

それぞれの国の金融制度の中心となる金融機関のことです。

日本では、日本銀行が中央銀行にあたります。

お札を発行したり、民間の銀行にお金を貸し出したり、様々な金融政策を行なっています。

外国との金融協定などに従事していて、外国為替取引において、各国の民間銀行が決済する時に中央銀行を利用します。

アメリカは連邦準備制度理事会(FRB)、イギリスはイングランド銀行、フランスはフランス銀行、ドイツは連邦銀行が、中央銀行にあたります。

長期金利とは、

金融機関から1年以上お金を借りる時にかかる金利のことです。

国が発行する10年物国債(長期国債)の中で、流通量が多い銘柄の利回りが基準として用いられていて、

住宅ローンの金利や銀行が企業へ融資する際の金利を決める目安になっています。
チョイスとは、

FX(外国為替証拠金取引)における為替レートの

売値と買値が同じ値を示している状態を意味する言葉です。

アイザー・ウェイとも呼ばれています。
調整局面とは、

FX(外国為替証拠金取引)において、

一定の期間上昇を続けてきた相場が、しだいに勢いが衰えていき、

次に上昇するまで、横ばい、もしくは下落する状態を意味する言葉です。

チョッピーとは、

相場の値動きが、不規則で不安定で予測できない状態を示している 言葉です。

参加者が少ない市場で起りやすち現象です。

英語ではといい、「変わりやすい」という意味の英語Choppyから来ています。
ツー・ウェイ・プライスとは、

外国為替市場で取引される為替レートで売値(ビッド)と買値(アスク)が同時に提示されることです。

外国為替市場で、2通貨の交換比率で取引する際に、売りたい人もいれば買いたい人もいるので、 売値・買値を同時に提示することが原則となっています。

2WAYプライスと同じ意味です。

通貨オプションとは、

通貨を売買する権利のことです。

通貨を買う権利は、コール、売る権利は、プットと呼ばれています。
通貨先物取引とは、

外国通貨を対象とした先物取引のことです。

すなわち、取引時期も取引価格も決められている「外貨の売買契約」ついて

取引時期が来る前に契約してしまう取引のことです。

取引所で取引されるために取引条件が決められています。



米国の大手取引所である、シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ(CME)などで行なわれています。
デイ・オーダーとは、

FX(外国為替証拠金取引)の注文で、その日限り有効な注文(オーダー)のことです。

ニューヨーク市場において、日本時間で月曜日の朝8時に注文を出した時には、翌日の火曜日の朝7時直前までが有効となっています。

ただし、サマータイムの時は日本時間で朝6時直前までです。

これに対して、取り消すまで有効の注文が、GTCです。

テイク・プロフィットとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、安く買った通貨を高く買うこと、あるいは、

高く売った通貨を安く買い戻すことです。

テイクンとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、

通貨が買われたことを意味する言葉です。

(自分とは関係の無い取引きに関して使われることが多いです。自分が買った場合は「マイン」が使われます。)

「ペイド」とも呼ばれています。

ディスカウントとは、

取引きの対象となる通貨の、先物相場が直物相場より安くなっている状態のことです。

あるいは、先物レートが割引になることを意味している場合もあります。

ディスカウント・レートとは、

中央銀行が民間銀行に貸し出す際の金利のことです。

主にアメリカの公定歩合のことです。
ディックとは、
外国為替市場における取引の最小単位のことです。

数秒ごとの値動きを表したチャートをディック・チャートと呼ばれています。

ディップとは、

FX(外国為替証拠金取引)で、為替のレートが上がったり下がったりしている時に

軽くストンと落ちる状態のことを表わす言葉です。

Dipは、「浸る・沈む」といった意味の英語です。

テクニカルとは、

テクニカル分析のことで、

過去の外国為替相場の推移をグラフ化したチャートなどのツールを使って

相場の動きを分析し、今後の相場の動きを予測する手法のことです。

手仕舞いとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、決済をして取引を終了すること です。

FXの場合は、「決済」「クローズ」が使われ

「手仕舞い」は、主に先物取引や証券業界で使われています。
電信売相場とは、

対顧客電信買相場のことで、銀行が顧客に外貨を売る時の値段を表わしています。

顧客側から見た場合、円を外貨に換える時のレートです。

仲値(売買の基準レート)に手数料を上乗せした金額になります。

TTS([Telegraphic Transfer Selling rate)とも呼ばれています。

電信買相場とは、

対顧客電信買相場のことで、銀行が顧客から外貨を買う時の値段を表わしています。

顧客側から見た場合、外貨を円に換える時のレートです。

仲値(売買の基準レート)に手数料を差し引いた金額になります。

TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)とも呼ばれています。

転売とは、

買いポジションの時に、通貨を売って決済することです。

「買い戻し」とも呼ばれています。
投機とは、

相場の短期的な値動きを見ながら為替差による利益を目的として、 外国為替取引を行なうことです。

反対語=実需(投機が目的ではなく、貿易などで実際の外貨のやりとりが必要な状態です)
投機筋とは、

相場の短期的な値動きを見ながら為替差による利益を目的として、 外国為替取引を行なう投資家のことです。

独歩高とは、

FX(外国為替証拠金取引)において、低迷している相場の中で、

ある特定の通貨のレートだけが上昇していることです。

ドルブルとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、ドルの相場が上昇する状態を 表わす言葉です。

逆の状態は、ドルベアと呼ばれています。
ドルコスト平均効果とは、

1940年代のアメリカで開発された投資のリスクを抑える手法により期待できる効果のことです。

一定の間隔で一定の投資を行なうこと で、投資のリスクを分散する方法です。

例えば、 毎月、1万ドルを買っていき、ポジションを増やしていくことで、 所有しているポジションの価格を平均化することで、その分リスクも平均化される効果が期待できます。

ドルペッグとは、

自分の国の通貨レートをドルに連動させて為替相場の変動の幅を制限または固定する制度のことです。

ドルベックのベックとは、ベック制度(固定相場制)のことです。

トレジャリーとは、

国庫、財務省という意味で、米国財務省が発行している債券(米国国債の)のうち、

割引債として取引されているもののことです。

としてちりhザイム層がはk英国愛無償米国の国際(財務省証券))のうち、ことです。

世界最大の流通量と売買量を誇り、最高レベルの信用力があると評価されている国債です。

トレンドとは、

為替トレンドのことで、

為替相場の値動きの傾向を表わす言葉です。

WTO
WTOとは、

World Trade organizationの略称で、自由貿易を促進するための国際機関 世界貿易機関.のことです。

1995年に前身のGATT(関税および貿易に関する一般協定)が解消後、成立しました。

現在、世界で150カ国近くの国が加盟しています。

スイスのジュネーブに常設事務所が置かれています。

ダブルボトムとは、

FX(外国為替証拠金取引)のチャートのパターンの一つで、

下降から転じて上昇する状態のことです。

ダブルトップとは、

FX(外国為替証拠金取引)のチャートのパターンの一つで、

上昇から転じて下降する状態のことです。

通貨バスケット制とは、

自分の国の通貨を複数の国の外貨に連動したレートにする固定相場制のことです。

通貨バスケット制は、貿易比率がある程度分散している場合、それぞれの貿易相手国との為替レートの変動を安定させるというメリットがあります。

中華人民共和国、ロシア、シンガポールなどが連動バスケット制をとっています。
強材料とは、

FX(外国為替証拠金取引)において、為替相場を上げる要因のことです。

主な「強材料」には、株価、金利、経済指標、要人(政治的・社会的に高い地位にいる人)の発言などがあります。

好材料とも呼ばれています。
強含みとは、

相場が上がりそうな気配を見せている状態のことを表わしている言葉です。

ティックとは、

株などの売買が成立するたびに示される値動きのことです。

デフレーションとは、

物価が下がり、お金の価値も下がる経済現象のことです。

デフレとも呼ばれています。

同じ金額で、より多くの物が買えるようになります。

デフレーターとは、

GDP(国内総生産)の計算をする際に使用する物価指数のことです。

一定期間の物価の動向を把握するための指数の一つです。

デフレーターは、名目GDPの値と実質GDPの値の差額を調整する値になります。

デフレ・スパイラルとは、

物価が下がっても需要が伸びず、景気が悪くなることが繰り返されて、

経済全体が、スパイラル(せん状)に、悪い方向へと向かうことを表わしている言葉です。

デリバティブとは、

ファイナンシャル・デリバティブ・プロダクツ(Financial Derivative Products)の略称で、

株式や債券、為替などから派生した金融商品のことです。

派生商品とも呼ばれています。

先物取引、FX(外国為替証拠金取引)などがデリバティブにあたります。

もともとはリスク回避の方法として生まれたものでしたが、最近ではデリバティブそのものを対象とする取引も盛んに行なわれています。

東京外国為替市場とは、

東京における外国通貨の売買を行なうところです。

といっても、東京証券取引所のように実際に特定されている取引所はありません

市場に参加している人全体を対象に東京外国為替市場と呼ばれています。
東京金融先物取引所とは、

東京都千代田区一番町にある、金融先物取引所のことです。

「FX(外国為替証拠金取引)」の個人向け市場「くりっく365」で有名なところです。

当座預金残高とは、

民間の金融機関などが日銀に開設している当座預金口座の資金量のことです。

金融機関が自由に使用できる資金量が示されます。

日銀は、この当座預金残高を増やすことで、金融の量的緩和政策を進めています。

独歩安とは、

FX(外国為替証拠金取引)において、

ある特定の通貨のレートだけが下落していることを表わす言葉です。

トレンド・ラインとは

相場の傾向を見るためにチャートに引く補助線のことです。

上昇トレンドラインと下降トレンドラインがあります。

上昇トレンドラインは、最安値と最高値がつく前のの安値の2点を結んだもので、

下降トレンドラインは、
最高値と最安値をがつく直前の高値
の2点を結んだものです、

建玉とは

FX(外国為替証拠金取引)において、

注文成立後に、まだ決済になっていない「通貨」

のことです。

新規に買うことを「買い建て」、 新規に売ることを「売り建て」といいます。
帳入値段とは、

建玉を値洗いするために基準になる値段のことです。

FX(外国為替証拠金取引)の場合には、ニューヨーク市場の終値にあたります。

ダウ・ジョーンズとは、

アメリカの経済関連の出版社です。

アメリカの経済新聞「ウォールストリート・ジャーナル」 を発行しています。

ニューヨーク株式の指針として幅広く活用されているダウ平均株価指数を算出しています。

通貨インデックスとは、

為替レートにおいて、ある通貨と通貨の強さを比較する際に用いられる指標のことです。

実行為替レートとも呼ばれています。

それぞれの通貨の総合的な変化を見ることができます。

取引する通貨のインデックスは確認しておくとよいでしょう。
テレレートとは、

様々な相場に関するチャートを配信しているアメリカのマーケット情報配信会社のことです。

世界80の国と地域において3,500社以上の顧客にサービスを提供し、30,000以上のユーザー・アクセスを誇っています。

英国の金融情報サービス大手ロイター社に買収されました。
手口とは、

特定の相場の取引状況を表わした言葉です。

どの銘柄(FXの場合は通貨)がどれだけ変われたか、どれだけ売られたかを示しています。
電子ブローキングシステムとは、

コンピューターなどの電子機器を使って、銀行間の為替取引の仲介をするシステムのことです。

それぞれの銀行に設置されている端末から直接注文することが出来ます。

現在の為替取引におけるインターバンクのほとんどは、電子ブローキングシステムを採用しています。
途転取引とは、

FX(外国為替証拠金取引)で、今まで行なっている取引を成立させ、新たに反対の取引を行なうことです。

例えば、「買いポジション」を決済して、今度は決済したのと同じ量かそれ以上の量で新たに「売りポジション」を保有することです。

トライアングルとは、

チャートのパターンで、

上値の抵抗線と下値の支持線とで三角形を形成する状態を表わす言葉です。

相場が、上昇でも下降でもない状態すなわち、保ちあっているときに起ります。

三角保ち合いとも呼ばれています。

耐久財受注高とは、

米国の商務省より毎月発表される耐久財の受注額のことです。

耐久年数3年以上の耐久財が対象になっています。

。 主な耐久財は、自動車や航空機、テレビや家具、 電気製品などです。

製造業全体の景気を見るための大切な指標となっています。

上で
対顧客市場とは、

銀行と輸出入業者や機関投資家、個人投資家との間で外国為替取引が行なわれている市場のことです。

インターバンク市場(銀行同士の取引き)に対する用語です。

対顧客市場は、日本の銀行では朝10時に卸値(仲値といいます)に、1ドルにつき1円ほど利益を上乗せした為替レートが、個人に売られています。

これらのレートのことをTTBやTTSといいます。これに手数料を加えて取引されています。
単位労働コストとは、

一定の量の製品を作るのに必要な労働にかかるコストのことです。

雇用者の報酬を実質国内総生産で割ったものです。

景気の状態を知る目安となります。
通常国会とは、

予算編成のため年に1回行なわれる国会のことです。

憲法では、「常会」と呼ばれ、開会することは義務付けられています。

1月末に召集され、150日間の会期で6月まで行われます。

転換線とは、

和製のテクニカル分析表「一目均衡表」に見られるラインで、

その日までの過去9日間に最も高かった値段と最も安かった値段を足して2で割った数値を、

毎日記録して結んだ線のことです。

電話取引とは、

FX(外国為替証拠金取引)において、電話で注文ができる取引き のことです。

インターネット取引のサポート的役割で用いられている場合が多く電話取引のみの業者には注意が必要です。

東京都区部消費者物価指数とは、

東京都区部の世帯が購入する各種の商品(財やサービス)の価格の平均的な変動を測定して数値に表わしたもののことです。

東京都区部は、日本で最も人口が多く、経済の中心であるとされています。

国民の購買力を判断するために重要な指数です。
ドルペッグ制とは、

自分の国の通貨レートをドルに連動させて為替相場の変動の幅を制限または固定する制度のことです。

ドルベックのベックとは、ベック制度(固定相場制)のことです。

地政学的リスクとは、

ある地域の政治的・軍事的な問題が、その地域や他の地域の景気が悪化する可能性のことです。

具体的には、地域紛争やテロへの懸念などが、地政学的リスクにあたります。

外国為替相場にも悪影響を与えます。
通貨当局とは、

金融政策のために、外国為替市場に介入する政府や中央銀行のことです。

日本の場合は、財務省と日本銀行が通貨当局にあたります。

アメリカの場合、連邦制度理事会(FRBまたはFED)や財務省のことですが

為替市場への介入は、財務省が行なっています。

デッドクロスとは、

チャート分析で、計算日数の短い移動平均線(13週線など)が、

長い移動平均線(26週線など)の下をつきぬけた状態を表わす言葉です。

デッドクロスの後は、「売り」のタイミングであるとされています。

反対語は「ゴールデンクロス」です。
タイド・ローンとは、

使い道に制限があるローン(貸付)のことです。

制限がない場合のローンは、アンタイドローン、インパクトローンと呼ばれています。

ドルコスト平均法とは、

ドルコスト平均効果とは、

1940年代のアメリカで開発された投資のリスクを抑える手法のことです。

一定の間隔で一定の投資を行なうこと で、投資のリスクを分散する方法です。

例えば、 毎月、1万ドルを買っていき、ポジションを増やしていくことで、 所有しているポジションの価格を平均化することで、その分リスクも平均化される効果が期待できます。

ディレクショナル・ムーブメントとは、

DMI(Directional Movement Index・ディレクショナルムーブメントインデックス)のことで、

相場の勢いや動向を判断するためのオシレーター系のテクニカル指標のことです。

日本語では「方向性指数」と呼ばれています。

「売り」や「買い」のタイミングを図るのに参考になる指標です。
特定財源とは、

国の財源の中で、特定の事業目的のために使われる資金のことです。

道路整備事業費、国庫支出金、市債などが特定財源にあたります。
店頭デリバティブ取引とは、

取引所を通さずに、店頭でデリバティブ商品を売買当事者同士で取引することです。

FX(外国為替証拠金取引)も、店頭デリバティブ取引の一つです。
特定投資家 とは、

2007年9月30日に施行された金融商品取引法に伴って導入された特定投資家制度に定められた投資家のことです。

国や適格機関投資家、地方公共団体や特殊法人、資本金5億円以上の株式会社が特定投資家にあたります。

特定投資家は、一般投資家(特定投資家以外の投資家)との取引に課せられる様々な行為規制(契約締結時の書面交付、不招請勧誘の禁止等)が除外されています。

投資とは、

利益を得る目的で、事業や株・FXなどの取引に資金をつぎこむことです。

リスクを覚悟でお金をつぎこむギャンブル的なニュアンスもあります。

通貨とは、

品物などの売買に用いられる貨幣(お金)の単位のことです。

日本の場合は、「円」が通貨となっています。

投資家とは、

市場などにおいて資産を運用する人、団体、法人のことです。

個人と法人区別するために、 個人投資家、機関投資家などに分けられています。
東証マザーズとは、

新興企業向けの株式市場のことです。東京証券取引所によって開設されました。

東証1部・2部などに比べて 株式を上場するための基準がゆるくなっています。

赤字の企業でも基準を満たせば上場できます。
ドルショックとは、

1971年8月16日に、アメリカのニクソン大統領によって突然発表された

ドルと金の交換停止宣言がきっかけで起こった大暴落のことです。

大統領の名前から「ニクソン・ショック」とも呼ばれています。

これを機にブレトン・ウッズ体制(ドルを金と同じ価値の国際通貨とする制度)が崩壊し、

変動為替相場体制に移行しました。



外国為替全般に関する基礎知識 外貨預金とFXの違い FXの特徴 FXにおける手数料

為替の変動を読むためには FXを始めるための手順 FXにおける基本的な取引の仕方 取引会社を選ぶときのポイント

FXと税金 主要なFX取引会社の特徴 取引業者のデータ別比較表 コスト(手数料)による比較

コスト(スプレッド)による比較 最大レバレッジによる比較 通貨ペアによる比較 スワップ金利による比較


>>>  [FX]外国為替証拠金取引NAVIのTOPへ