用語集ら行

TOP > 用語集ら行

用語集ら行の目次


為替レート価格は毎日変動しますが、変動の動きを表しているグラフがチャートと言われるものです。それはよく株式価格にも使用されます。
チャートを構成している基本的な要素は、「ローソク足」と呼ばれる長方形の図形です。

ローソク足は、その形がローソクにそっくりなことから名づけられたものですが、ローソク足を構成しているのは、4つの価格です。



始値(はじめね)と呼ばれる、その日の取引が開始された時点の最初の価格のことです。

高値(たかね)があります。これは、取引がされている時間のなかでもっとも高くなったときの価格を表示したものです。

安値(やすね)があります。これは、これは、取引時間のなかでもっとも低くなったときの価格を表したものです。

終値(おわりね)です。これは、取引時間が終了したときにどのくらいの価格になったかを示したものです。



この4つの数字をローソクの足のような形で現すわけです。



また、ローソクに似ている長方形の形をした部分を「実体」と呼びます。

これは、取引の始値と終値を現すものです。実体には2つの種類があります。



●白か赤い色で現す「陽線」です。実態が陽線で現されていると、取引が終了した時点での価格(終値)が、取引が始まった時点の価格(始値)よりも高くなったことを意味します。

●実体の色が黒で現される「陰線」の場合は、取引が終了した時点の価格(終値)が、取引が始まったときの価格(始値)より安くなったことを意味しています。



ですから、ローソク足の実体が、白かあるいは赤か黒かによって、その日の為替レートの状況を把握することができますし、その実体から伸びている線によって、為替レートがどう変動するのか、という傾向も読みとることができます。
為替の取引を何度も行うことによって、チャートを何度も見つめるうちにローソク足を読むコツがつかめてきます。経験がものを言います。

実体の上と下の部分に直線がありますが、この直線を「ひげ」と呼んでいます。上に伸びている「ひげ」を「上ひげ」といい、高値を現しています。逆に、下に伸びている「ひげ」を「下ひげ」と呼び、これは安値を現しています。

ローソク足にはいろいろなローソク足があります。長い間利用されてきた、「応用形」といったらいでしょうか。為替レートの動きを把握する重要なサインとなります。したがって、このローソク足が出てきたら、為替レートの何らかの変化が起きるから、要注意とイメージできるわけです。
レートとは、

FX(外国為替証拠金取引)における、為替レートのことで、

通貨の交換比率のことです。

例えば、1ドルと交換するのに日本円でいくらかかるかということを示すものです。

たとえば、1ドルを交換するのに120円かかる場合の

「ドルと日本円の為替レート」は、1ドル120円ということになります。

為替レートは、それぞれの国の経済や政治情勢など、様々な要因で変動します。

ロスカットとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、損失を一定の範囲に抑えるために、

FX業者が 強制的に取引をストップしてしまう仕組みのことです。

ロスカットの基準はFXの業者によって異なりますが、通常は、必要証拠金(取引するために必要な保証金)の20%〜30%が目安となっています。

「マージンコール」や「自動ストップロス」とも呼ばれています。

利食いとは、

相場が有利な状況になった場合に、利益を確定させてしまう注文方法のことです。

早めに確実に利益を確保するために用いられる手法です

反対の意味の言葉は、損切りです。
リクイディティとは、

市場における流動性のことで、取引のしやすさを表す時に用いられる言葉です。

市場に参加する人が多く、取引もさかんにおこなわれていて、いつでも希望通りのレートで売買ができる状況を「リクイディティがある」と表現します。

それに対して、取引量が少なくい、売買が限られてしまう状況は「リクイディティがない」と表現されます。

リスクとは、

FX(外国為替証拠金取引)を行なう際の損失を被る可能性のことです。

為替変動リスク、マージンコールリスク、流動性リスク、金利変動リスク、信用リスクなど 様々なリスクが存在します。

詳細につきましては、カテゴリーFXにおける主なリスクをご参照ください。
リミットとは、

指値注文のことで、

指定した通貨を、自分の指定したレ−トで、買ったり、売ったりする注文方法のことです。

買いたい(売りたい)値段を指定して注文できるので、

指定した値段より悪い条件で売買が成立することはありませんが、

自分が指定した(指値価格)になるまでは、いつまでたっても売買が成立しないということもあります。

レジスタンスラインとは、

過去のチャート分析結果などから、それ以上は、上がらないと想定されている相場の水準のことです。 抵抗線とも呼ばれています。

レベルとは、

外国為替市場で、実際に取引されているおおよその水準となっている為替レートのことです。

「今だいたいこのくらいですよ」という意味で、参考として提示されています。

気配値、インディケーション(Indication)などとも呼ばれています。
レンジ相場とは、

為替レートや株価が、一定の範囲内で上がったり下がったりしている状態を表している言葉です。

ボックス相場、ボックス圏相場とも呼ばれています。

連邦公開市場委員会とは、

アメリカ合衆国の金融政策のために開かれる委員会のことです。

FOMC(Federal Open Market Committee)とも呼ばれています。

米連邦準備理事会(FRB)の理事7人と地区連邦準備銀行の総裁5人で構成されています。

年に8回、ワシントンのFRB本部で開かれて、金融政策の目標や公開市場操作の方針などについて話し合われています。

議事録要旨、政策指令、採択状況、反対意見の理由などの会合の内容が公表されています。
ロールオーバーとは、

FX(外国為替証拠金取引)において、保有しているポジションの決済日を先に延ばすことです。

通常、FXにおけるスポット取引の場合、取引確定日(約定日)の翌々営業日(2営業日後)が決済日となります。

ロールオーバーを行うと、その決済日を先延ばしにでき、3営業日以降の資金の受け渡しが可能になります。

ロールオーバーによって、ポジションを持ち続けることができるわけです。
ロングとは、

外貨を買っている状態のことを表す言葉です。

買いポジションを持っていることです。

「買い持ち」とも呼ばれています。

両建てとは、

FX(外国為替証拠金取引)における、リスクを回避する方法の一つで

同じ通貨の、「買いポジション」と「売りポジション」の両方を持つことです。

FX取引業者によっては、両建てができないところもあります。

量的緩和とは、

2006年3月に解除されるまで、日銀が行なっていた金融政策のことです。

景気を回復させるために、

民間の金融機関が、日銀に持っている当座預金の残高を増やし、 世の中に出回るお金の量を増やすのが目的で、行なわれています。

レパトリとは、

レパトリエーション(Repatriation)の略で

期末などに海外へ投資していた資金を自国に戻すこと です。

ロイターとは、

イギリスの国際通信社のことです。

世界の金融市場やメディアに向けて、幅広い情報やニュース、技術を提供しています。

ローソク足とは、

為替チャートに表示される線のことで、

値動きの変化が視覚的にわかりやすく表示されています。

ローソクの様な形をしていることから、このように名づけられました。

高値、安値であるローソクの芯にあある部分と、

始値、終値であるローソクのロウにあたる部分から構成されています。

リセッションとは、

景気が後退することです。

景気のよい状態が中断して、生産活動が低下し、失業者が増加するようになり、

さらに進行すると不況を招くことになります。

リミットオーダーとは、

指値注文のことで、

指定した通貨を、自分の指定したレ−トで、買ったり、売ったりする注文方法のことです。

買いたい(売りたい)値段を指定して注文できるので、

指定した値段より悪い条件で売買が成立することはありませんが、

自分が指定した(指値価格)になるまでは、いつまでたっても売買が成立しないということもあります。

リアルタイムとは、

実時間、即時、生中継のことです。

入力とほぼ同時に処理が行われることを表す場合などにも用いられます。

FX(外国為替証拠金取引)は、リアルタイムで24時間の取引が可能です。
ロスとは、損失を表す言葉です。

FX(外国為替証拠金取引)の場合は、ストップロスロスカットキャピタル・ロスのロスを意味している場合があります。
利益とは、

一般的には、売り上げから仕入れ値などのコストを引いた価格のことです。

FX(外国為替証拠金取引)における利益とは、為替差益を意味している場合が多く、

為替レート(通貨の交換比率)の動きによって生じる差額がプラスになることです。

例えば1ドル100円の時に、1万ドルを購入した場合、もし、それが1ドル120円になった場合

1ドルあたり20円の為替差益が発生することになります。

20円×1万=20万円がプラスされてもらえることになります。




外国為替全般に関する基礎知識 外貨預金とFXの違い FXの特徴 FXにおける手数料

為替の変動を読むためには FXを始めるための手順 FXにおける基本的な取引の仕方 取引会社を選ぶときのポイント

FXと税金 主要なFX取引会社の特徴 取引業者のデータ別比較表 コスト(手数料)による比較

コスト(スプレッド)による比較 最大レバレッジによる比較 通貨ペアによる比較 スワップ金利による比較


>>>  [FX]外国為替証拠金取引NAVIのTOPへ