外国為替で得をする基本的な仕組み

TOP > 外国為替全般に関する基礎知識 > 外国為替で得をする基本的な仕組み

外国為替で得をする基本的な仕組み

 円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか

 ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

 たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

 これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

 しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。



現在「外国為替全般に関する基礎知識 」カテゴリーの「外国為替で得をする基本的な仕組み」にいます。
このカテゴリでは以下のことも知ることができます。
外国為替全般に関する基礎知識
「為替」とは何か
変動相場制と固定相場制
円安/円高とは何か
円安/円高が起こるとどうなるか
円安のメリット
円安のデメリット
円高のメリット
円高のデメリット
外国為替で得をする基本的な仕組み
為替レートは何故変動するか
外国為替市場とは
為替レート変動のきっかけ
変動相場制と証拠金取引
変動相場制だからできた外為投資
外国為替全般に関する基礎知識 外貨預金とFXの違い FXの特徴 FXにおける手数料

為替の変動を読むためには FXを始めるための手順 FXにおける基本的な取引の仕方 取引会社を選ぶときのポイント

FXと税金 主要なFX取引会社の特徴 取引業者のデータ別比較表 コスト(手数料)による比較

コスト(スプレッド)による比較 最大レバレッジによる比較 通貨ペアによる比較 スワップ金利による比較

>>>  [FX]外国為替証拠金取引NAVIのTOPへ