FXを始めるための大まかな手順

TOP > FXを始めるための手順 > FXを始めるための大まかな手順

FXを始めるための大まかな手順

FX取引を開始するにあたって、証券会社やFX専門の金融取引会社と契約を結び、自分専用の口座を開設しなければなりません。そうしないと取引ができません。そして、自分の口座に担保となる証拠金をいれて、その資金に見合った取引をするわけです。

まず、初めに口座の開設を申し込む必要があります。口座の申し込みはオンラインでもできますし、書面でも可能です。口座開設の手続きは以下のようになっています。

1.口座開設書類の確認
取扱説明書等(外国為替証拠金取引説明書、取引ガイド、外国為替証拠金取引約款、規定集)、口座開設申し込み書、口座開設書記入例、及び提出書類の案内、その他の案内。

2.口座開設書類の提出
口座開設申し込み書、本人確認書類、その他の必要書類。オンラインからも口座開設の申し込みを行うことが可能。

3.書類審査
提出された口座開設申し込み書を基に、審査があります。書類に不備が認められた場合、口座の開設ができません。記入漏れがないように十分、注意しましょう。

4.ID、パスワードの通知
審査終了後、「口座開設完了の通知書」が送付されてきます。この書面に、ID番号やパスワード(電話取引の方はID番号のみ)が記載されていますので、大切に保管しましょう。

5.資金(証拠金)の預託
取引を開始する際には、「口座開設完了の通知書」に記載のして口座への送金が必要になります。その際、振り込み手数料は本人負担となります。また、資金の預託及び償還についてはすべて銀行送金で行われます。

6.取引開始
入金を取引会社が確認したら、取引ができるようになります。事前に会員専用ページにある「基本操作ガイド」や情報等を確認し、取引を開始します。

7.報告書・証拠金の返還
取引明細、入出金明細、保有建玉、預かり金額などの内容が記載された「取引内容報告書」及び「月次報告書」を交付します。オンライントレードの方は、取引画面上でそれらを受け取ることができます。また、証拠金返還の手続きも取引画面上でできます。

以上が、取引開始までの一般的な流れです。ほとんどの手続きは金融取引会社のホームページ上からできますが、本人であるという確認が必要なため、免許証などの書類は現物を用意する必要があります。



現在「FXを始めるための手順 」カテゴリーの「FXを始めるための大まかな手順」にいます。
このカテゴリでは以下のことも知ることができます。
FXを始めるための手順
FXを始めるための大まかな手順
リスク説明は取引会社にとっての義務
必要となる保証金は何円からか
外国為替全般に関する基礎知識 外貨預金とFXの違い FXの特徴 FXにおける手数料

為替の変動を読むためには FXを始めるための手順 FXにおける基本的な取引の仕方 取引会社を選ぶときのポイント

FXと税金 主要なFX取引会社の特徴 取引業者のデータ別比較表 コスト(手数料)による比較

コスト(スプレッド)による比較 最大レバレッジによる比較 通貨ペアによる比較 スワップ金利による比較

>>>  [FX]外国為替証拠金取引NAVIのTOPへ