リスク説明は取引会社にとっての義務

TOP > FXを始めるための手順 > リスク説明は取引会社にとっての義務

リスク説明は取引会社にとっての義務

 FXの取引開始の際に口座を作る手続きは、基本的に銀行口座を設けるときとほとんど変わりません。しかし、確実に異なる点が一点あります。取引会社が利用者に対してリスクの提示をしなくてはならないというのが、その相違点です。

 FX取引というのは既に説明したとおり、外貨預金などと比べてかなり投機性が高く、ハイリスク・ハイリターンな金融商品です。為替相場が予想外に大きく揺れ動いた場合などには、莫大な損失が生じる可能性もないわけではありません。ですので、取引会社は法律による義務として、そのリスクを十分利用者に提示してから契約を結ばなくてはならないのです。このことは「金融販売法(金販法)」によって定められており、たとえば取引会社がリスク開示をせずに顧客と契約を結び、顧客に損失が生じた場合は、この損失を取引会社側がこれを賠償しなくてはなりません

インターネット上で契約を結ぶ際は、必ず画面上にそのリスクの説明があるはずです。もし、これがないようであれば、その取引会社は信用できないと考えてよいでしょう。



現在「FXを始めるための手順 」カテゴリーの「リスク説明は取引会社にとっての義務」にいます。
このカテゴリでは以下のことも知ることができます。
FXを始めるための手順
FXを始めるための大まかな手順
リスク説明は取引会社にとっての義務
必要となる保証金は何円からか
外国為替全般に関する基礎知識 外貨預金とFXの違い FXの特徴 FXにおける手数料

為替の変動を読むためには FXを始めるための手順 FXにおける基本的な取引の仕方 取引会社を選ぶときのポイント

FXと税金 主要なFX取引会社の特徴 取引業者のデータ別比較表 コスト(手数料)による比較

コスト(スプレッド)による比較 最大レバレッジによる比較 通貨ペアによる比較 スワップ金利による比較

>>>  [FX]外国為替証拠金取引NAVIのTOPへ